こんばんは。青島です。

今夜は新宿1丁目のうみとそら法律事務所からお送りします。

この時間に今日の分のブログを書くのは久しぶりです。

今日は一日事務所におりました。

午前中にご相談と打合せ、午後に電話裁判が1件あり、

それ以外の時間はずっと刀を研いでいました。

???

あ、もちろん比喩です。

弁護士業務における刀を研ぐとは?

①知識の補充 判例をたくさん読む 文献をたくさん読む

②世の中の出来事に目を向けて、社会の成り立ち、人の心についての分析をする。

③文章の研鑽

ということになりましょうか。

ただ、法律事務所もサービス業(お客様あっての・・)という側面もあるため、

ひとり、事務所で静かに刀を研いでいるだけでは、なにも起こりません。

そういうわけで、刀を研ぐ時間を削って、

人と会ったり、情報を発信したり、(広い意味での)営業活動に勤しんでいたりするのですが、

そのバランスが本当に難しい。

いくら仕事があっても、刀が錆び付いていたら、お客様は離れていってしまいます。

なによりお客様を不幸にする。

いくら刀が研ぎ澄まされていても、お客様がいなければ、何のインパクトも生まれない。

なにより自分が食べていけない。

武士は食わねど、なんて言ってられないわけですね。

今日は外出はせず、あいた時間はずっと刀を研いでいました。

比喩ですよ。

①判例集をよみつつ、

②Youtubeでニュース動画をみながら(←遊んでいるだけじゃ。。)、気になったニュースを分析して、

③フェイスブックに記事を2本書いてみました。(←仕事につながらないんじゃ。。)

 1本はさきほどのブログでご紹介したやつ。

 もう1本は、元関脇の琴富士さんの偽装結婚について考えてみた記事です。

 ↓↓↓ このニュースについてです。

 

 ↓↓↓ よろしければ読んでみて下さい。
 こちらをクリック