こんばんは。青島です。

3月16日(日)午前2時11分。

真夜中です。

さて私は今どこにいるでしょうか?

自宅?

いいえ、事務所におります。

昨日(3/15)は、土曜日出勤をして、

午前中~午後途中まで仕事をし、

午後からは

去年の4月から通っていた月1回の勉強会というか塾に行き、

夜はその懇親会に出席して、

午後9時すぎに事務所に戻りました。

何のため?

仕事をするためです。

昨日はその塾の最終日でした。

私のなかでは本当にお世話になった、

勉強させていただいた、

今後30年か40年か50年か、

生きている限り、

弁護士業務を続けるにあたって、

弁護士業務とは別に他の仕事をやるにあたって、

すべての仕事に背骨となる大切なことを学ばせていただいた

塾でした。

その成果をこれからあなたやあなたに還元させていくことが、

私の大切な使命であると思っています。

手作り感のある塾で、

1年間の最終日に卒業証書をいただきました。

私はいい大人ですが、

卒業証書をわざわざつくって、

こうしていただけるというのは、

けっこううれしい。

なぜか? 

それは私がこの塾を

無遅刻無欠席で 

頑張りとおしたからです(←えっへん。自分でいう。)。

私は意思が弱くて、飽きっぽく、

何かをやり通すことがなかなかできない

いい加減な人間です。

ただ、

大学(は欠席だらけ)在籍中から通いだした司法試験予備校は

無欠席でとおしました。

そして今回のこの塾も。

私のような人間が、

一度も休むことなく通いとおすことができた

 ことの意味は大きいのですね。

やり通したことは必ず身になります。

即効性がなくても、必ず、後で効いてきます。

とりあえず3か月近く続いているこのブログもそうです。

何のために続けるのか、

私なりの意図、目的、野望はあるのですが、

究極的には、

人の役に立つためには何が必要か、

ということを常に考えて、

何かをしているつもりです。

独立してからのこの1年間、

この塾の存在は大きな励みとなっていました。

圧倒的に成長していくためには、

今何をすべきなのかを、

常に自分に問いかけるために必要な存在でした。

自分の至らなさを認めることは辛いことですが、

マゾな私には、それもまた快感だったりします。

この塾を休むことなく、

自分の至らなさから逃げることなく、

(いい大人ですから、休むのも、サボるのも自由。それでも)

やり通せたことは、

個人的には大きな出来事でした。

そんなわけで、

昨日は大きな節目でした。

卒業証書もいただいた。

寒い日もあります。

が、

もう春です。 

ふわっとした日差しも

木々の景色も

明らかにもう春です。

また新しい気分でがんばろう。

おっと

目の前にはまだ仕事が。

これが終わらないと、帰れない。

朝までに終えて、帰宅せねば。

明日というか今日(3/16日曜日)は

終日息子と過ごす予定です。

先週と同じ過ちをくりかえさないようにしなくては。

ではでは。